JSIA 寿司インストラクター協会

資料請求
講座申し込み
お電話でのお問い合わせはこちら TEL:0120-170-399
MENU

Vol.1鈴木さより先生

「いってきます」「ただいま」が聞きたい


銀行員から専業主婦、飾り巻き寿司の先生に

自宅教室のテーブル

もともとは、銀行の窓口で営業の仕事をしていたんです。
結婚を機に退職して、専業主婦に。
二人の子どものママとして奮闘しつつ、飾り巻き寿司インストラクターとしての活動をしています。 下の子どもが幼稚園に入園したくらいから、教室巡りをして、これから自分ができる仕事を模索していました。 お料理教室、パン教室、ケーキ教室、お花、アクセサリーづくりなど興味のある習い事をし、その中で飾り巻き寿司と出会いました。
千葉出身ということもあり、飾り巻き寿司とは少し異なりますが、房総の太巻き寿司は小さいころに食べていて美味しいという記憶があったんです。
千葉の特産である海苔と千葉の美味しいお米を使用して飾り巻き寿司を作ることで地域への貢献ができると思ったんですよね。また、「まきす」さえあれば、すぐ手に入る身近な材料で作れること、日本の食文化を伝えていけることなどから、飾り巻き寿司っていいなって。

「いってきます」「ただいま」が聞きたい

自宅教室のテーブル
ちょうど「お家サロン」って言葉がよく言われるようになっていた頃でもあったんですよね。 子どもの「いってきます」「ただいま」は、自分で聞きたかったんです。 寿司インストラクター協会の飾り巻き寿司インストラクターの資格を取得し、自宅サロンをスタートしました。 思い立ったらスグ行動で、講座開催日の前日に申し込みをしました。
現在は、子ども達が、学校に行っている間に自宅で講座をしています。講座が終わって、後片付けをしていると、子ども達が学校から「ただいま」と帰ってきます。

*自宅のダイニングテーブルを使っての講座

食品会社のイベントや地域の食育サポーターとして

イベントでのインストラクター活動

自宅講座以外では、ご近所の食品メーカーさんのイベントで飾り巻き寿司を教えたりもしています。直売所があるので、お買い物にいったりもしてたんですよね。ちょうど、社屋をリニューアルしてイベントスペースが出来た時期に「ここ使ってもいいですか」とお尋ねしたのがきっかけで、今では、食品メーカー様側よりご依頼をいただけるようになりました。イベントに参加してくださった方が、自宅教室に来てくださることもあり、ご縁が繋がっていますね。また、今年は船橋市の食育サポーターとしての活動もスタートする予定です。地域の食育に貢献できることも嬉しいですね。
*食品メーカーでのイベントでの様子

教室の魅力って

キッズスペース

「見て楽しい、食べて美味しい」飾り巻き寿司ですが、自宅教室って技術をお伝えするだけじゃないと考えています。子育てを頑張っていて、立ってご飯をたべるようなママさん達に座ってゆったりとご飯を食べていただいて、心もお腹も満たされてもらいたいと思っています。講座で作ったものをお昼ご飯として召し上がっていただく試食タイムを設けています。もちろん、お子さん連れの生徒さんも歓迎しています。 お教室で習うことでママさん自身が楽しめて、その楽しかったことを自宅に持って帰れるのもお教室の良さですね。それから、講座で作った飾り巻き寿司はお持ち帰りいただけるので、その日の晩御飯にもなって、家族での話題もできますよね。

*お子様連れでも参加できるように、プレイマットやボールもご用意

飾り巻き寿司を巻けるママは自慢!

受講生の森さん

子どものお誕生日会なんかには、キャラクターや乗り物の図柄の飾り巻き寿司を巻いてあげると、とても喜んでくれますね。我が子だけでなくて、子どものお友達も喜んでくれるのもいいですね。
子どもは、ママが飾り巻き寿司を巻けるというのは、ちょっとした自慢みたいですね。日々、忙しいというか、充実していますね。


*飾り巻き寿司は古典柄はもちろん、こんなに可愛い図柄のお寿司もできるので子どもから大人まで幅広い層に受け入れられています。

鈴木先生は憧れ

受講生の森さん

この日の受講生の森さんは3児のママ。
生後9か月のお子さんを連れてのご受講。
飾り巻き寿司を巻いて、切った時の嬉しさがクセになって「もっとやりたい」って思うようになりました。子育て中でも、自分が楽しいって思えることをするのって大事だと思うんです。その楽しい気持ちが周りに伝わるじゃないですか。
私も先生になれたらいいな~って思って資格を取ろうと思いました。
お人柄、技術はもちろんですが、鈴木先生みたいになりたいですね。鈴木先生は憧れですね。

*飾り巻き寿司技能認定講座を受講中の森さん

可愛いおばあちゃんインストラクターになりたい

鈴木さより先生

飾り巻き寿司のインストラクターって一生できる仕事だと思っています。
今は、着付けも習っています。 着物を着て、割烹着を着て、年齢と飾り巻き寿司の経験を重ねて出る貫禄をもって、かわいいおばあちゃんインストラクターになりたいですね。

*着物と割烹着を着用して飾り巻き寿司のイベントで活動をしたときのお写真です

プロフィール

鈴木さより先生

JSIA飾り巻き寿司インストラクター
千葉県出身:2児の母
会社員時代は銀行に勤務し、窓口業務を担当。結婚を機に退職し、専業主婦に。下のお子さんが幼稚園に通い始めた頃に様々な習い事をし、飾り巻き寿司と出会う。2014年にJSIA寿司インストラクター協会にて飾り巻き寿司インストラクターの資格を取得し、自宅での飾り巻き寿司教室をスタート。企業イベントでの講師や船橋市の食育サポーターとしても活躍している。




鈴木さより先生の飾り巻き寿司技能認定講座はこちらから
TOPへ