JSIA 寿司インストラクター協会

資料請求
講座申し込み
お電話でのお問い合わせはこちら TEL:0120-170-399
MENU

どーもくんの飾り巻き寿司

かわいいどーもくんの飾り巻き寿司の作り方です。

どーもくんの飾り巻き寿司の作り方

材料

すし飯  445g
あみの佃煮 80g
明太子  15g
かまぼこ(白)  1本
煮かんぴょう(10㎝長さ) 6本
のり(半切り) 4枚

【すし飯の準備】

●茶色のすし飯:すし飯400gとあみの佃煮80gをあわせる。
茶色のすし飯は30g×4、10g×2、20g×1、30g×2、60g×2、14g×1に分けておく。

●赤色のすし飯:すし飯45gと明太子15gをあわせる。
赤色のすし飯は30g×2に分けておく。
1つのすし飯は4㎝×10㎝長さの長方形にしておく。

【パーツ準備】

●口のパーツ

口1)かまぼこは4㎝幅×10㎝長×1cm厚さ2枚にし、歯型になるようにギザギザの三角になるようにカットする。

口2)かまぼこの歯型(ギザギザ)の間に赤いすし飯を詰める。

口3)赤いすし飯(4㎝×10㎝の長さの長方形)を2)の歯型で挟む。

口4)2/3枚の大きさの海苔で巻く

●目のパーツ

目1)煮かんぴょうは3本一組にして、1/3枚の海苔で巻く。(2本作る)

●足のパーツ

足1)5㎝幅の海苔に茶色いすし飯30gを棒状にして巻く。(2本作る)

●手のパーツ

手1)7㎝幅の海苔の向こう半分に茶色いすし飯を平らに広げ包む(2本作る) 

【本体の組立】

海苔1枚と海苔2/3枚をご飯粒で繋いだものをまきすにのせる

そのうえに図のように茶色いすし飯と目のパーツ、口のパーツ、身体になる茶色いすし飯を置く

まきすを持ち上げ、左右から巻き上げて閉じる。

手足のパーツと本体を4等分にカットし、手足をつけて出来上がり!

できあがり

 

 

TOPへ