JSIA 寿司インストラクター協会

体験講座お申し込み
資料請求
お電話でのお問い合わせはこちら TEL:0120-170-399
MENU

 

JSIAジュニア会員制度発足
第一号会員は岐阜県の高校生:岩田夏波さん(17)

2016年2月8日、JSIA寿司インストラクター協会は若い世代に日本の食文化である巻き寿司に触れ、親しみを持っていただきたいという想いからJSIAジュニア会員制度を発足いたしました。
第一号会員は、岐阜県の高校生:岩田夏波さん(17)です。



第一号会員:岩田夏波さんにお話を伺いました

□きっかけは中学時代のキャラ弁づくり
中学生の頃に自分でお弁当を作る際にキャラ弁にチャレンジしました。
その際に、雑誌やネットで調べる中で飾り巻き寿司の存在を知りました。
かわいいし、キレイで自分で作ってみたい!食べてみたい!と思いチャレンジしようと思いました。

□実際に巻いてみると結構難しい
組み立てるときのごはんの割合や巻くときのバランスがとても難しかったです。
何度も何度も巻いてみて、お手本と同じように出来たときにはとても嬉しかったです。

□みんなを笑顔にできる飾り巻き寿司が好き
季節にあった図柄で作れるので、お正月や誕生日、クリスマスなどイベントごとに飾り巻き寿司を作ってみたところ、周りのみんなが笑顔になれました。
大人も子供も笑顔にしてしまう飾り巻き寿司が大好きです。

□技術とともに笑顔を広めていきたい
自分が人に技術を伝えるという立場になり、上手く伝えられるかどうかの不安はありますが、周りを笑顔にできる飾り巻き寿司をどんどん広めていきたいです。

□まずはボランティア活動で一人でも多くの方に伝えたい
地域ボランティアをしています。その活動の中で、地域の人にも飾り巻き寿司を伝えたいです。楽しく作っておいしく食べて、一人でも多くの人が笑顔になれるように頑張りたいと思います。


ご指導された苅谷里美先生より

□高校生からの指導依頼に
真剣な眼差しで「教えてください。勉強したいです」と言われ意欲を感じました。
しかし「大丈夫かな・・・」と内心では心配もしましたが、本人の気持ちを信じ受講を承諾しました。 また、飾り巻き寿司を大人限定でなく幅広く知ってもらうためにも、これから次代を担う若者の重要性を感じたのです。

□実際に指導してみて
3級技能認定講座は楽しく感動を味わえました。
2級、1級は技術レベルが上がるため、最終工程の巻きすの取り扱いに、四苦八苦していました。
時間を取り繰り返し作品に臨ませることが大切だと感じました。 半年前に初めて巻いた時にはその出来栄えに落胆し、1級技能認定講座では、かたつむり・トンボの時間配分を考え、納得するまで何回も何回も練習し、検定試験では「やった!できた!」と歓声を上げて喜ぶことができました。 以前の画像と見比べ、出来栄えの違いに大笑いしていました。

□岩田夏波さんならびにジュニア会員の方へのメッセージ
次代を担う人として、日本の食文化を大切にし、国内外の皆さんに作る喜びや楽しみを広めていって欲しいです。 また、人とのつながりはコミュニケーションが重要です。地域の皆さんに愛される指導者に育っていってください。

 

JSIA 寿司インストラクター協会 ジュニア会員制度とは

ジュニア会員制度とは、寿司インストラクター協会が認定する飾り巻き寿司技能認定講座にて1級技能認定試験に合格し、高等学校もしくはそれに準じる各種学校に所属している18歳以下の者を対象とした会員制度。高等学校、各種学校を卒業後は、自動的に通常のインストラクター会員に移行することになる。
通常の寿司インストラクター協会の会員制度との違いは、技能認定講座の開講は認めないが、継続的に飾り巻き寿司を学べるように年会費免除、協会の会員限定の講座受講やWebショップの利用が可能。

TOPへ