恵方はやや右??

こんにちは。

JSIA寿司インストラクター協会オフィシャルブロブです音譜

 

明日2月3日は節分ですね節分

節分は立春の前日をさし、古くは立春を1年の始まりとしたため、大晦日と同じように考えられていたそうです。

 

立春=春の訪れのはずですが。。。。。

 

今朝は雪が降っていて、とても寒かった。

まだまだ春が遠い、ここ新宿です雪の結晶

 

節分と言えば、恵方巻き。

2018年の恵方は『南南東やや右』だそうです。

 

やっ、やや右はてなマークはてなマークはてなマーク

 

どのくらい右なのかはさて置き。。。(笑)

 

節分に恵方巻を丸かぶりをすると、その年は幸運がめぐってくると言い伝えられていますね。

 

恵方巻きの『恵方』」とは陰陽道でその年の干支によって定められた最も良いとされる方角のことで、その方向には歳徳神がいるそうです。

歳徳神は、その年の福徳を司る神様で、とても美しい姫神で何事にも神秘的な作用を及ぶすと

言われているそうラブラブ

 

節分に巻き寿司を食べるようになった由来は巻くということから「福を巻き込む」

切らずに食べることから「縁を切らない」という意味が込められているそうなので、

カットして中の具材の見える巻き寿司もとっても美味しそうですが。。。。。。

 

明日は切らずに丸かぶりして下さいね。

 

無病息災を願う恵方巻きは、7福神にあやかって7種類の具材を入れることが多いそうですよ。

7種類。。。

何を入れるかを、考えるのも楽しいですね。